会社の設立を考えてみる

会社設立を考えてみる  経済が悪化した今の世の中、相次いで倒産する企業が表れニュースで報道されています。力の弱い中小企業は会社を立て直す力もなく、倒産といった道を辿ってしまうのでしょう。そんな中、逆に企業に雇用されるのではなく、自分たちで会社を設立しようと考えている野心家も中にはいるのではないでしょうか?それがパソコン一つで、実現することも夢ではありません。ところで、会社設立のための知識はお持ちでしょうか?ただ、自分たちの会社をもちたいと思うだけでは、この先苦労することは目に見えています。そこで、ちょっと会社設立について興味を持った私(サイト管理人)が、いろいろと情報を集めてホームページを作ってみました。個人サイトのため、内容に間違いがあるかもしれませんがご了承下さい。会社設立に関する何かの参考になると思いますので、ぜひ見て下さい。

>>自作パソコンにするなら
使いやすさを追求するなら、優良パーツを組み合わせた自作パソコンにしませんか?

会社設立の理由は?

 皆さん、会社を設立したいといった思いはそれぞれ違うと思うのですが、ではどんなときに会社を設立しようと考えるのでしょうか?まぁ、私が真っ先に思い浮かぶことは「お金儲け」かな。会社を設立するぐらいだから、利益を上げなければ会社を続けていくことはできないでしょう。他には、現在の会社からの「独立」ではないでしょうか?この理由は、システムエンジニアやプログラマーといった技術者に多いと聞いています。労働時間も半端じゃない上、年を取るとリストラといった不安もあるようなので、会社で力を付けてから独立して事業を行うといった人が多いようです。

後は、「理想」や「夢」でしょうか?誰もが小さいころなりたかった職業に就けるわけではありません。ある程度資金を蓄え、年齢的にも充実した時期になると、その頃の夢を叶えたいと思う人もいるも出てくるわけです。会社を設立するといっても、これだけ多くの理由があります。でもちょっと待って!!そのために、ただ「会社を設立することを優先」したりしていないでしょうか?

優先すべきは会社設立ではない

 このサイトを作るに当たって企業の社長さんのブログを見たり、参考サイトを拝見させてもらったのですが、会社設立で一番苦労するのは「会社の経営が起動に乗るまでの間」だそうです。まぁ、会社を設立するだけでも多くの資金を投入して設立するのですが、その後の経営については商売が軌道に乗るまでは「赤字」覚悟で望まなければいけないということです。会社を設立したからといって、すぐに利益が得られるわけではありません。こつこつと営業に周り顧客を集め、信用や信頼を得て実績を積まないと経営が黒字に転換するのは難しいといえるのでしょう。もし、お金を儲けたいなら株やFXを試した方が早いように感じます。

 その苦労を覚悟で会社を設立するのならいいのですが中には明確な理由も無く、「ただ儲かりそうだから」といった安易な理由で、会社設立を簡単に考えている人もいるようです。確かに「新会社法」により資本金が1円からでも企業を起こすことはできるのですが、だからと言ってそれだけで会社を続けていくことは無謀でしょう。例でいえば、ブームに乗った会社の設立でしょうか?岩盤浴やメイド喫茶といったブームに乗っかり、商売を始める人も多いと思うのですが、それはあくまでも一時期のブーム。ブームが過ぎ去れば、後は廃れていくだけです。今儲かるからといって安易に会社を設立しては、しっぺ返しをくらうのはあなたですよ。

pickup

魚群探知機

南大阪の結婚相談所・婚活パーティなら

不要な制服の買取

あきたこまちショップ

Copyright (C) 2008 会社設立へのプロセス. All Rights Reserved.